LAN内に公開するWindows XPパソコンのフォルダ共有設定

LAN内に公開するWindows XPパソコンのフォルダ共有設定

ここでは、Windows XPパソコン内の任意のフォルダをLANの他のパソコンから使えるようにする「フォルダの共有設定」を紹介します。

フォルダの共有とは

 ファイルやフォルダの共有方法は「簡易共有」と「共有」の2種類があります。
Windows XP Home Editionは「簡易共有」のみですがWindows XP Professionalではどちらかを選択することができます。
なお、フォルダの公開するには、ネットワークセットアップウィザードを行うときに「ファイルプリンタの共有を有効にする」を選択していないとできません。もしネットワークセットアップウィザードをで「無効」にしていた場合は、もう一度ネットワークセットアップウィザードを行って設定中に出てくる画面で「ファイルプリンタの共有を有効にする」を選択してください。

Home Edition で「簡易共有」の設定をする

WindowsXPパソコンのフォルダをLANに公開する場合は「共有ドキュメント」フォルダを公開する方法とユーザー個人個人が使用しているフォルダを公開する方法があります。
ここでは「共有ドキュメント」フォルダを公開・停止する方法を紹介します。
【1】「スタート」から「すべてのプログラム」、「アクセサリ」、「エクスプローラ」の順にクリックします。

【2】「エクスプローラ」が起動したら左のウィンドウで「マイコンピュータ」、「ローカルディスク」、「Documents and Settings」、「All Users」の順にクリックし、右のウィンドウに表示された「共有ドキュメント」を選択して右クリックし、表示されたメニューから「共有とセキュリティ」をクリックします。

【3】共有ドキュメントのプロパティ画面が表示されるので「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」のチェックを確認して共有名を変更(例では「XP-1-PUBLIC」)し、「OK」をクリックします。
なお、「ネットワークユーザーによるファイルの変更許可する」にチェックを入れると、LAN経由でアクセスしたユーザーによるファイルの書き換えや消去が可能になってしまうので通常はチェックを入れないでおきます。
また、LAN経由でのアクセスを停止させたいときは「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」のチェックを外して「OK」をクリックします。

Professionalで「共有」の設定をする

HOMEの「簡易共有」での設定は「読み取り専用」と「フルコントロール」の2種類になり、LANを通じてアクセスしてきたユーザー全員に同じ状態で公開されます。
フォルダを公開する相手を選んだり、アクセスの種類を細かく設定できません。
しかし、Windows XP Professionalは公開するフォルダに対して、LANからアクセスするユーザー毎にアクセス制限やパスワードを設定することができます。
ここでは、ユーザーのマイドキュメントフォルダの中にフォルダ(例では「XP1-U1-PUBLI」)を作成して共有設定をおこないます。
どのパソコンの誰のフォルダを公開しているか分かりやすいように、パソコン名の「XP1」とユーザー名の「U1」を冠しています。
なお、これらの名を短縮した理由は、LANに古いパソコンやLinux、スマホなどがある場合、公開するフォルダの名前がアルファベット半角文字で12文字以内でないとアクセスできない場合があるためです。
【A】Windows XP Professionalで 「簡易共有」から「共有」に切り替えるには【3】の画面で「ツール」メニューから「フォルダオプション」をクリックします。

【B】「フォルダオプション」画面が表示されたら「表示」タブをクリックし、「詳細設定」下にあるメニューの中に「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」という項目のチェックを外しして「OK」をクリックします。

【C】左ページの「1」、「2」と同様にして「エクスプローラ」を起動させて 「マイコンピュータ」、「ローカルディスク」、「Documents and Settings」、「ユーザー名(例では「USER-1」、「My Documents」の順にクリックし、右のウィンドウでマウスを右クリックし、表示されたメニューから「新規作成」、「フォルダ」をクリックします。

【D】フォルダ名を変更(例では「XP1-U1-PUBLI」)後にマウスで選択して右クリックし、表示されたメニューから「共有とセキュリティ」をクリックします。

【E】共有するフォルダのプロパティ画面が表示されるので「このフォルダを共有する」にチェックを入れて「許可するユーザー数」を選択し、「アクセス許可」をクリックします。

【F】共有するフォルダのプロパティ画面が表示されるのでグループやユーザーを選択してアクセス許可の内容を設定します。
※なお、LAN経由でアクセスするユーザーを追加するには、LAN設定の完成後に「追加」をクリックし、「ユーザーまたはグループの選択」画面が表示されるので「オブジェクトの種類」と「場所の」選択後にオブジェクト名欄にユーザー名をクライアントパソコンも含めたフルパス名で入力して「OK」をクリックします。