知らないと恥をかくWindowsショートカットキー基本の3つ

知らないと恥をかくWindowsショートカットキー基本の3つ

ショートカットキーは、普通のキーボードに備わっている複数のキーを組み合わせて使うことで、ファイル操作やソフトウェアの操作を、一瞬でおこなってしまうものです。

これだけで初心者から脱出

たとえば、フォルダの中のファイルを操作する時に、フォルダ画面の編集メニューから、コピーや張り付けや削除など、マウスで選択して行うのと同じ作業が、複数のキーを押すことで、一瞬にして行えるのです。また、マウスの右ボタンやプロパティーメニューが使いにくいと感じる方にもお奨めの方法ですので、ぜひ憶えてください。ショートカットキーには、数多くの種類があり、ソフトウェアによっても専用の組み合わせが用意されていますが、一般的なソフトウェアで共通に使われるショートカットキーから覚えましょう。

ショートカットキー基本の3つ

ショートカットキーの中でもファイル操作やワードの画面などで頻繁に使われて覚えておくと便利なのは、「コピー」と「貼付け」と「切り取」りの三つです。

なお、基本的なショートカットキーは【Ctrl】キーとの組合せになるので、左小指を【Ctrl】キーに置いて他の指で【C】【X】【V】などを押します。 なお、このとき【Ctrl】キーを僅かでも他のキーより先に押すようにしましょう。

【Ctrl】+【C】選択したファイル(文字など)をコピーする

【Ctrl】+【X】選択したファイル(文字など)を切り取る

【Ctrl】+【V】コピーや切り取りしたファイル(文字など)を貼り付ける

※間違えたとき【Ctrl】+【Z】操作を元に戻す 【Ctrl】+【Y】操作をやり直す

※全部を選択したいとき【Ctrl】+【A】フォルダ内のファイル全て(文章内の文字全て)を選択。

※文章などを保存するして終了するとき

【Ctrl】+【S】=保存

【Ctrl】+【W】=ウィンドウを閉じる

【Ctrl】+【Q】=アプリケーション終了

おさらいすると次のようになります。

◆コピーをするには

1.【Ctrl】+【C】マウスで選択したファイル(文字など)をコピーする
2.【Ctrl】+【V】コピーしたファイル(文字など)を貼り付ける

◆移動をするには

1.【Ctrl】+【X】マウスで選択したファイル(文字など)を切り取る
2.【Ctrl】+【V】切り取りしたファイル(文字など)を貼り付ける