パソコンを瞬間操作するショートカットキーはタイプ練習より簡単

広告
ワードやエクセルの画面で文字や数値をコピーするときにワードやエクセル画面上のメニューで編集をクリックして操作をしているはずですが、何度も繰り返すときはショートカットキーを覚えると効率よく作業できます。

ショートカットキーで瞬間操作

初心者向けの解説本などでは、コピーしたい文字などを選択し、画面上メニューの「編集」をクリックして「コピー」をクリック、マウスで場所を選択し て再び「編集」をクリックして「貼り付け」をクリックする方法が一般的ですが、箇所が多い多い場合は、効率の良い方法ではありません。
前回紹介した、マウスの右ボタンをクリックすると表示されるプロパティーメニューを使ったファイルのコピーや移動方法は、ファイルやフォルダの移動やコピー以外に、WordやExcelなどのアプリケーションの中の文字や数字のコピーや移動にも利用できます。 この方法だとこの方法だと、文字を選択した次の瞬間にマウスの右ボタンメニューで、コピーや切り取りをクリックできるので、画面上メニューによる操作より効率的のできます。
しかし、パソコンに用意されている「ショートカットキー」を利用してすればもっと簡単に、効率の良い作業ができます。

ショートカットキーは複数キーの同時押し

パソコンの「ショートカットキー」とは、パソコンに特別なキーが用意されているわけではなく、複数のキーを同時に押すことで、コピーや切り取りや貼り付けなど、さまざまな作業をワンタッチでできるようにしたものです。
まずは、ショートカットキーを使ったコピー方法を紹介しましょう。
コピー・ペーストは略して「コピペ」とも呼ばれ、「コピー」と「ペースト(貼り付け)」を連続して行うことです。

単語や文章などをコピーするには

1.コピーしたい単語やファイルをマウスやキーボードで選択します。
2.続いて、【Ctrl】キーと【Cそ】キーを連続して押します。
3.次に単語や文章などを張り付けたい部分をマウスで選択します。
4.【Ctrl】キーと【Vひ】キーを連続して押します。
これで完了です。できれば【Ctrl】キーは左手の小指で押しましょう。
パソコンの解説書によっては「【Ctrl】キーと【Cそ】キーを同時に押す」と書いてあることもありますが、慣れるまでは【Ctrl】キーを先に押して、【Cそ】キーや【Vひ】を若干あとから押すのがコツです。

連続操作をするには

同じ文字などを連続して貼り付けたい場合はコピーした後に、張り付ける個所をマウスで選択しながら「【Ctrl】キーと【Vひ】キー押す」作業を繰り返すことで、同じものを何度も連続して張り付けることができます。
なお、このテクニックは文章や書類の作成以外にも利用できます。
例えば、通販を利用するときのために、メルアドや住所や名前をメモ帳で保存しておき、入力するときには「Wordファイルを開いて、メルアドなどを【Ctrl】【Cそ】でコピー」、入力欄に「【Ctrl】【Vひ】で貼り付け」を順次します。
マウスと組み合わせて効率よく使うには、「マウスで文字を選択したら左手でショートカットキーを操作し、マウスカーソルを目的の場所に移して左手でショートカットキーを操作する」という流れになります。
このショートカットキーの利用は文字や数値の他、画像やファイルのコピーにも使えるので、憶えておくと便利です。
次回は、必ず覚えておきたい基本的なショートカットキーの組み合わせを紹介します。
広告 メーカーPC